ハロウィンの夜、おばけも喜ぶオードブル特集(関西)

ハロウィンの夜、おばけも喜ぶオードブル特集
ハロウィンの夜、おばけも喜ぶオードブル特集

ホームパーティーに最適なオードブルをご紹介!

今回は近年さらに盛り上がりを見せるハロウィンにぴったりな料理特集!
彩りを添える料理の数々がパーティーを盛り上げるお手伝い。
また、「知っているようで意外と知らない!?」ハロウィンの伝統もご紹介いたします。

そもそもオードブルって?

オードブルのイメージ

オードブルとは使い捨ての容器に盛りつけた料理をお届けするデリバリーサービスのこと。ゲストに提供する料理をわざわざ作る必要がなく、その他の準備に時間を割けるので気軽にパーティーを楽しみたい場合に利用されることの多いサービスです。使い捨て容器でお届けするので後片付けも楽々!このお手軽さが最大の魅力です。
花見や、クリスマスパーティー、会社の納会など様々なパーティーシーンに活躍するので、オードブル未経験の方も今度のハロウィンを機に一度試してみてはいかが?

ハロウィンをさらに楽しむための基礎知識

  • ハロウィンの伝統
    ハロウィンは古代ケルト人がはじめたとされる秋の収穫祭。通例10月31に行われますが、この日はケルト歴で一年で一番最期の日、つまり大晦日にあたり、この世とあの世の境目がなくなって魔物たちが姿をあらわすとされています。 ハロウィンの中でも最大の見物となっている派手な仮装は、もともとは魔物の目を晦ますためだったとされています。
    ちなみに子供がこの日何度も口にする“Trick or Treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ!)”というおなじみの掛け声は、11月2日に行われていた死者の魂が天国に導くための「ソウリング」という儀式に由来します。現在では“Treat“は「お菓子」として定着していますが、もともとはこの儀式の一部として死者を供養するために「ケーキ」をもらう習慣でした。
  • カボチャ・ランタンの由来
    ハロウィンといえば「カボチャ」をすぐに思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?かわいらしくもあり、ちょっと不気味でもありますね。
    カボチャ・ランタンは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、ジャック(男性名)の提灯という意味です。この話には様々なバージョンがありますが、共通しているのは天国にも地獄にも行けなくなった男が闇の中を彷徨い続けるというもの。この男の周囲を照らすのがカブでできたランタンで、アメリカに移住したアイルランド人によって後にカボチャが「ジャック・オー・ランタン」として普及しました。今ではカボチャですっかり定着していますが、 もともとはカブのランタンだったとはちょっと意外ですね。

レガラート 関西

爆安オードブルデリバリー専門店
お手頃パーティーを開くなら料理はここで決まり!?と思ってしまうほど衝撃的な価格でパーティー料理をご提供。また、単品プランも豊富なので好みに合わせて注文するもよし!
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良

パプリカ

サンドイッチ・おにぎり・オードブル専門店
オードブルプレートを種類豊富にご用意しています。おかずオードブルのボリュームはかなりのもの。サンドイッチはデニッシュサンドがあり、ごはんものには天むすがあり、独自のラインナップも自慢です。
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。ハロウィンといえば、筆者が書いているこの渋谷ではかなりの数の人たちがアニメのキャラクターから旬な芸人のコスプレまで、様々な仮装で溢れかえります。多くの「魔物」でにぎわう都会の街中もいいですが子供たちが主役のアットホームなハロウィンパーティーも童心にかえれたような気持ちになれていいですよね。今回の特集がお料理選びの参考になれば幸いです。

×